吉村芳生(鉛筆画家) 特別展示 II ギャラリーダイイチ 記念作品の展示 ギャラリーダイイチ 交通アクセス

当ギャラリーは著名な画家や写真家の原画をもとにルネアグラフで刷り上げ複製した、新しい美術的価値を醸成するフレスコ版画やフレスコプリントを展示・販売しています。
ぜひ一度お立ち寄りください。
超絶技巧を超えた吉村芳生の人気12作品を
フレスコ版画でリアルに再現。
吉村芳生 フレスコ版画を見る
100色もの色鉛筆で故郷の自然を描き続けた吉村芳生氏。
まるで写真と見間違うような精細精密な描写は圧倒的な迫力で見る人を魅了します。版画を学んだのち27歳で鉛筆画家となりましたが、脚光を浴びたのは60歳の頃で、その間自分の信じるものをひたすら描き続けた努力と忍耐の画家です。今後の活躍が期待される中、63歳の若さでこの世を去り、命を刻むかのような画の世界は描くことが生きることであった証といえます。今もなお、全国各地で展覧会が開催され、多くの人々に強烈なインパクトと感動を与え続けています。
鉛筆画家 吉 村 芳 生 (1950年−2013年)
 プロフィール
1950年
1971年
1978年
1979年
1980年
1982年
1983年
1984年
1985年
1991年
2007年
防府市生まれ
山口芸術短期大学卒業
シェル美術賞展 佳作賞受賞
創形美術学校卒業
イギリス国際版画ビエンナーレ アーガス賞受賞
山口県美術展覧会 最優秀賞受賞
マイアミ国際版画ビエンナーレ メリット賞受賞
山口県芸術文化振興奨励賞受賞
小林和作賞受賞
山口市徳地に移住
“730日の自画像”吉村芳生展(下関市立美術館)
山口県美術展覧会 大賞受賞
2007年
2009年

2010年

2011年
2013年

2013年
2014年
2015年
「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展(森美術館)
「吉村芳生展 煉獄の茶室」(山口県立萩美術館・浦上記念館)
「現代絵画の展望 12人の地平線」(東京ステーションギャラリー)
「一人快芸術」(広島市現代美術館)
「吉村芳生展 とがった鉛筆で日々をうつしつづける私」
(山口県立美術館)
シテ・インターナショナル・デザール(パリ)に1年間滞在
「吉村芳生展 色鉛筆で描く彼岸と日常」(香美市立美術館)
「吉村芳生展 色鉛筆で描かれた超細密画」(瀬戸内市立美術館)
12月6日逝去
Asia contemporary art show 2014に出品
「吉村芳生展〜鉛筆で刻む生命のキセキ〜」(ウッドワン美術館)
「吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画」(ウッドワン美術館)
東京ステーションギャラリーで 
「超絶技巧を超えて−吉村芳生」回顧展 開催中
会期:平成30年11月23日〜平成31年1月20日
東京ステーションギャラリー
著名な写真家新海良夫氏がパリ・ルーヴル美術館カルーゼル・デュ・ルーヴルに出展し、世界的に高い評価を得た作品「朝の煌めき」を当ギャラリーの特設コーナーに展示しています。
標高2172mの渋峠から一瞬を捉えた感動の一枚、ドラマチックで幻想的に彩られた新海作品をご高覧ください。
1953年
1974年
1976年

1979年〜

2016年
2017年
長野県生まれ 東京都在住
順天デザインアカデミー卒業
千代田デザイン写真学院卒業
写真弘社勤務を経て、フリーのフォトグラファーになる。
日本各地の風景写真を大型カメラで撮影、現在は日本各地の風景写真をデジタルカメラで撮影し、日本郵政、三菱電機、サントリーウエルネス、交通新聞社などの企業に写真を提供。
パリ・ルーヴル美術館直結のカルーゼル・デュ・ルーヴルに「朝の煌めき」を出展。
「新海良夫のルネア展」(ギャラリーダイイチ)
【写真・記事掲載】
 インプレス社(デジタルカメラマガジン)、玄光社(フォトテクニックデジタル)
 日本カメラ社(NCフォトシリーズ)などの出版社に写真・記事を多数掲載。
 日本写真家協会会員
 日本風景写真家協会会員
日本を代表する城郭写真家五島健司氏が明治維新150年を機に撮影した、まさに日本の夜明けを象徴する奇跡の一枚「萩城跡の夜明け」を当ギャラリーの特設コーナーにて展示しています。
自然に真っ正面から向き合い、そこに自らを投影し、叙情的に捉えた五島作品をご高覧ください。
【主な写真展】
1989年
1992年
1996年
2001年
2011年
2017年
「雪花風色」コダックフォトサロン(東京銀座)
「雪月花」ニコンサロン(東京銀座)
「サイレンス」朝日新聞社本社ギャラリー(東京築地)
「櫻酔い」ペンタックスフォーラム(東京新宿)
「記憶の桜」ニューヨークフォトフェスティバル
「記憶の桜 New York 凱旋展」リコーフォトギャラリー(東京銀座)
「五島健司の世界〜現存天守12城」
ギャラリーダイイチ IN パシフィコ横浜
2016・2017年 お城EXPOフォトコンテスト審査委員
【写真集・主な雑誌掲載】
「SILENCE(移ろう季節の中で)」 「櫻酔い 〜HANAYOI〜」
アサヒカメラ 表紙・グラビア、和樂(小学館)、季刊銀花(文化出版局)、家庭画報(世界文化社)などに写真・記事を多数掲載。
日本写真家協会会員
日本風景写真家協会会員
日本城郭協会会員
奇跡の一枚「萩城跡の夜明け」のお申込みについて

これまでの企画展
アートサロン ギャラリーダイイチ 山口県山口市湯田温泉6丁目8-57
交通アクセスとやまぐちの観光
ギャラリーダイイチ 株式会社大一写真工業 山口県山口市