D1プリント-よくある質問

D1 PRINT × アーティスト D1プリントの魅力 D1プリントの種類 作品事例 よくあるご質問

TOP > よくある質問

 

よくある質問

 

 

 

 

 

D1プリントと一般プリントはどこが違うの?

 

D1プリントと一般プリントは、プリント素材の構造が根本的に違います。一般プリントは屋外の長期使用などの場合、オーバーラミネートフィルム加工が必須ですが、D1プリントは特殊UVフッ素仕様のプリントなので、表面加工無しでも屋外長期耐候性を発揮します。しかも、耐水中性・不燃性・防カビ・防汚・耐薬性・耐冷性など、あらゆる環境で使用できる優れた特性を備えています。D1プリントは、アーティストの創作領域を屋内から屋外へ大きく広げてくれる付加価値の高いデジタルアートプリントです。

 

画質はきれいですか?

 

D1プリントは、DAIICHI独自のカラーマネジメントシステム(DCMS)によって、類を見ない優れた色再現性を備えています。また、特殊UVフッ素仕様の効果によって生み出される、透明感のある上質な輝きと美しさは、表現力を追求するアーティストから高い評価を得ています。

 

雨や水に濡れても大丈夫ですか?

 

D1プリントは、一体化したプリント素材(特殊UVフッ素層+PET層)なので、プリントの表面、側面、裏面からの浸水、浸食がありません。雨や水はもちろんのこと、海水の中に長期間浸けても大丈夫なプリントです。

 

お問い合わせ

 

ページトップへ戻る

日差しの強い屋外で展示ができますか?

 

D1プリントは、表面が特殊UVフッ素仕様で、裏面がUV層による二重構造のプリントなので、表面加工なしでも紫外線や水、汚れに強く、屋外でも長期の展示を可能にしました。
屋外でも5年以上の高耐候性を実現しています。

※設置環境によっては耐候年数が異なる場合があります。

 

汚れに強いですか?

 

D1プリントは、特殊UVフッ素仕様なので汚れが付きにくく、カビの付着なども防ぐことができ、抗菌効果もあります。まさにメンテナンスフリーのプリントといえます。

 

夜間、照明でライトアップしたいのですが?

 

D1プリントは、導光効果が高く昼間の輝きはもちろん、夜間でも照明によって明るく深みのある美しさを創り出します。少電力のLED照明でも広範囲な面反射を生み出すことができます。

 

 

 

デジカメなどのデジタルデータからプリントができますか?

 

D1プリントは、デジカメで撮影されたデジタルデータやお手持ちの各種デジタルデータから直接プリントができます。

 

お問い合わせ

 

ページトップへ戻る

作品原画やポジ・ネガフィルムからプリントができますか?

 

D1プリントは、写真、絵画、印刷物やポジフィルム、ネガフィルムなどからもプリントができます。絵画などの原画はスタジオ撮影で、またフィルムなどはスキャニングによって高精度デジタルデータの作成を行っています。

 

プリントの種類はどのようなものがありますか?

 

D1プリントは、一般的な作品制作に適した光沢タイプ、半艶消しタイプの他に電飾用の半透明タイプ、ガラスなどに利用できる透明タイプ、光を受けると反射する再帰反射タイプ、金属感のあるミラータイプなど、豊富な種類を取揃えています。また、床面にも利用できるノンスリップタイプや車両などの外装に利用できる3次曲面用のラッピングタイプなど、D1プリントはアーティストの表現手法や活躍の場を大きく広げてくれます。

 

大きいサイズでプリントができますか?

 

D1プリントは、A3サイズから最大プリント幅1230mm、長さは5mまでの1枚プリントが可能です。分割プリントにすれば、さらに大判サイズの作品も制作することができます。

 

お問い合わせ

 

ページトップへ戻る

プリントとあわせてパネル貼りはしてもらえますか?

 

アルミ板、ステンレス版、アクリル板、ガラスなどご要望に応じたパネル素材に貼り込みを致します。
また、パネルサイズも一般的なサイズから大判サイズまで承ります。

 

1枚からでもプリントができますか?

 

D1プリントは、必要に応じて1枚からでもプリントができます。個展などで注文を受け、後からプリントすることが可能なのでとても経済的です。

 

見積りをしてもらえますか?

 

お客様のご依頼内容に応じてお見積りを致します。

お問い合わせ

ページトップへ戻る